常福寺のご紹介

お寺の歴史

本堂・客殿室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建されました。
その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転し、地元の庶民的な寺院として親しまれていました。
しかし、大正12年9月の関東大震災により、残念ながら寺宝等ことごとく全焼するという大惨事に見舞われました。
御宝前 約5年間の年月を費やし昭和3年3月、檀信徒との努力の結果現在の地、世田谷区北烏山に見事に移転再建され現在に至っています。
現在の本堂は、昭和50年7月に落慶。庫裡・外構は平成18年末に整備されています。


寺町烏山について

常福寺の位置する世田谷区北烏山一帯には、26もの寺院が集まるという、東京の大都会には珍しい地域で、東京の「小京都」とも呼ばれています。
何故?北烏山に26もの寺院が集まっているかは、お寺の歴史でも触れていますが、大正年間の関東大震災後に都市計画により都内各所より移転・再建されており、元々地元には一ケ寺もありませんでした。

常福寺の宗旨

宗派:顕本法華宗(けんぽんほっけしゅう)
本山:総本山 妙満寺(京都市左京区)
お本尊:宗祖尊定の大曼荼羅
経典:妙法蓮華経
御書:宗祖日蓮大聖人がお書きになられた御書(開目抄・観心本尊抄・立正安国論等)

タヌキの話

タヌキ当寺には、大小合わせて約200のタヌキの置き物やぬいぐるみがあります。
なかには、おまわりさんの格好・お坊さん・ゴルフクラブやマイクを握ったもの等、変わりタヌキがお参りの皆様をお出迎えします。タヌキ






永代供養塔(墓)について

永代供養塔当寺には、お墓をお持ちで無い方のお祀り施設として「永代供養塔(墓)」があります。
詳細は下記の通りです。ご不明な点は直接お問い合わせ下さい。
@1981年に建立され、歴代住職墓の隣にあります。
A他宗派の人でも納骨できます。また、俗名のままでの納骨もできます。
Bお参りは自由にして頂けます。お花・線香等は持ち込みできます。
C年回(忌)法要も、ご本堂でご供養できます。

当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.