ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成二十八年七月

つゆつもりて河となる
河つもりて大海となる

随時意御書

この御書の題号の由来になっている「随自意」とは「自らの意のままに」という意味で、お釈迦様が悟りの境地をありのままに説き聞かせた真実の教えである法華経を指しています。
これに対して、法華経以前に説かれたお経の数々(爾前経)を「随他意」といい、相手の能力に応じて、あるいは相手の意にかなうように配慮して説かれた教えという意味です。

日蓮大聖人はこの御書のなかで、「爾前経を信仰する者たちは法華経に説かれる『諸経の中に於て最もその上位にある』という経文を破るために、数百巻の書物を作ってそれぞれの正統性を主張するが、ただひとつの明確な経文を示すことができれば誰も疑問に思わないだろう。法華経と爾前経の両方の道理を充分に見極めるべきである」と説かれています。
そうして導き出された法華経を信仰することは、日々の生活を送る上で些細なことだと思われるかもしれません。
しかし、積み重ねられた信仰は、いずれ先祖にも私たちにも大きな成果として顕われると、この聖訓で示されているのです。



当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK