ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成二十九年七月

南無と申す時は
敬う心なり 随う心なり

内房女房御返事

この御書は、日蓮大聖人が五十九歳の御時身延山で書かれたお手紙です。
駿河国庵原郡内房に住む信徒より、亡き父親の百箇日忌の供養にそえた願文が送られ、その返書として認められました。
今月のお言葉は、その御書の中の一節です。
「南無」とは、梵語のナマスの音写であり、恭敬・礼拝などと翻訳されます。

日蓮大聖人はこの返書にて、妙法蓮華経の五字には、法華経一部二十八品の功徳の全てが収め尽されているので、この有り難き五字に「南無」を冠することは、その功徳を「敬う心≒随う心」を表すと示され、南無の心をもって題目修行する功徳こそは、即身成仏の秘法であるとお説きになっています。
さらに、供養の施主である内房女房の南無妙法蓮華経と唱える声を聞いて、亡父が必ず成仏するであろうと述べられ本抄を結ばれています。
私たちも、日蓮大聖人のお示しのごとく、南無の心をしっかりと受持しつつ、お題目の信仰に生きる悦びの日々を重ねてまいりましょう。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK